医者に関する情報が満載!

医者の事をもっと知ろう

医者になるための勉強とは

医者になるためには、大学の医学部に入ることが必要です。
そして大学修了とともに、医師国家試験に合格することで医師免許をもらい、医者となりますが、それは簡単なことではありません。
そもそも医学部に入るのは、かなりの勉強量が必要です。
そのため、中学、高校でも相当量の勉強をして学力をつけるだけでなく、運もなければ医学部にはいることなどできないのです。
塾も一般的な塾というよりも医学部専門の塾にはいって、学力をつけていくことが必要です。
国立医学部にはいるためにはセンター試験で9割の点数をたたき出すことが必要ですし、二次試験でも高得点をとる必要があります。
私立医学部では、高い倍率を突破する必要がありますし、私立医学部では学校により問題に特徴があるので、そこもしっかり点数を取る必要があります。
国立大学、私立大学の医学部ともにとても難関です。
晴れて医者になっても勉強をし続けるということはかわらないのです。
人の命に携わる仕事ですから大変なのも当然です。

医者になるための勉強

医者になるためには、医学部に入学し、その後国家試験に合格する必要があります。
そのため、大きく分けて大学入試までの勉強と、国家試験までの二段階に分けることができます。
医者になるためにはまずい学部に入学する必要があります。
医学部の難易度は大学によって変わってきます。
国公立では医学部の学費が私立に比べると圧倒的に安いために、入学希望者が増えます。
そのため、私立よりも国公立大学の方が入試難易度が高くなります。
医学部に入学できたのならば、その後六年間勉強することになります。
医学部内での勉強は、最初の五年間は一般教養と医学の両方を学習することになります。
そして最後の一年間は、国家試験の対策が中心となります。
そして国家試験に合格したのならば、医者としての免許が与えられることになります。
その後、医者として働くためには、研修医として実際に病院などで働く必要があります。
それが終わり次第、医者として働くことができるようになるのです。

Favorite

2017/4/27 更新

COPYRIGHT(C) 医者の事をもっと知ろう ALL RIGHT RESERVED