医者に関する情報が満載!

医者の事をもっと知ろう

訪問医療とお医者さん

患者さんの中には車を運転できる家族がいなかったり、足腰が弱くお医者さんの元へ通院するのが困難な場合があります。
高齢者が増え続けている日本ではこれからも通院が困難な患者さんの割合は増加していくでしょうし、それを放置していては適切な治療を受けられないまま取りこぼされてしまうことになります。
そこで訪問医療を開始するお医者さんが増えています。
開業医の方が副次的に行っている場合は最初の方は器具が足りなかったりスタッフが足りずに訪問の依頼を受けても行くことが出来ない場合もあるなどの問題もありましたが、訪問医療に特化したところも出ていますし、今ではだいぶ医療の新しい形として洗練されてきているようです。
歯科の中にも訪問医療に特化したところが増えています。
歯の治療は生命に重篤な症状を引き起こすまでには至らないので患者さんも軽視しがちなので治療が必要でも放置している潜在的な患者さんが多いことと、歯を治すことで栄養を取りやすくなり体力がつくので他の病気が治りやすくなるなどの効果があるのでお医者さんも力を入れています。

医者が訪問診療を行う場合のチーム医療

医者が患者の家を訪問し、診療を行ういわゆる「訪問診療」「訪問診察」は、かねてより行われてはいましたが近年、再注目されているものの一つです。
その理由は、高齢化社会に伴う患者数の増加と、医療の発展により在宅でのさまざまな治療が可能になっているということが挙げられます。
これらの医師の訪問診療には、看護師やケアマネージャー、社会福祉士、薬剤師や栄養士など、医師以外のコメディカルと言われる専門職が連携し合って、よりよい医療を作り上げようとする動きがあります。
患者が治療の主役であり、その中で医者が占める割合が最も重要であるということはもちろんですが、医者だけに負担をかけるのではなく、実際の治療手技について看護師が、介護について社会福祉士が、薬の管理について薬剤師が、栄養管理について栄養士が、とそれぞれの専門分野を活かしてチームとして医療を作りあげていくことが、今後の日本の医療の発展を支える要素として大きく期待されています。

Valuable information

最終更新日:2016/6/23

COPYRIGHT(C) 医者の事をもっと知ろう ALL RIGHT RESERVED